読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

横溝正史を読んだ事がない人におススメの金田一耕助5事件簿!

雑記 小説
【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

横溝正史氏が書いた小説の主人公と言えば、名探偵・金田一耕助。

横溝氏を知らなくても、金田一耕助の名前を知っている人は多いのではないでしょうか。

そんな名探偵・金田一耕助が係った事件の中から5つ紹介したいと思います。

その前に、1つだけ注意点があります。

それは、金田一小説では細かい所を気にしてはダメという事です。

ツメが甘いとか、事前に防げるじゃんとかのツッコミをするのは野暮ですよ。

あくまでおどろおどろしい雰囲気を楽しんでくださいね。

・金田一耕助5事件簿!

1.本陣殺人事件

本陣殺人事件 (角川文庫)

本陣殺人事件 (角川文庫)

旧家・一柳家で行われた婚礼の夜の悲劇!
この本陣殺人事件は、金田一耕助の初登場作品です。
中編なのですが、金田一耕助が係わる事件の雰囲気がギュッと凝縮されている作品となっています。
彼が関わる事件はどれもこんなドロドロっとした感じ。
何が怖いって、犯人の動機が怖い。

2.八つ墓村

八つ墓村 (角川文庫)

八つ墓村 (角川文庫)

落ち武者伝説が残る村で起こる惨劇!
金田一耕助の事件簿の中でも、1番有名かも?
小説よりも映画の方で見ておられる方も多いのではないでしょうか。
「祟りじゃ~っ! 八つ墓の祟りじゃ~っ!」のセリフは、有名ですよね。
旧家・閉鎖的な田舎のしきたりなど金田一ワールドが堪能できる1冊です。

3.犬神家の一族

犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

信州財界の大物・犬神佐兵の遺産を巡り巻き起こる悲劇!
金田一耕助が解決した事件の中でも、八つ墓村と並んで有名なのがこの犬神家の一族。
犬神家の3つの家宝「斧・琴・菊」に見たてられた連続殺人に金田一が挑みます。
最後は結局……という事になりますが、それも金田一の魅力です。

4.獄門島

獄門島 (角川文庫)

獄門島 (角川文庫)

孤島・獄門島で繰り広げられる惨劇!
金田一耕助の事件の中で1番好きなのがこの獄門島です。
特に金田一と了念和尚のやり取り、意外な犯人。
ある理由から映像化はもう不可能かも?
ぜひここは小説を読んでほしいです。

5.夜歩く

夜歩く (角川文庫)

夜歩く (角川文庫)

キャバレー『花』での佝僂画家狙撃事件を発端に起こる首なし連続殺人事件!
上記の4事件よりは知名度は劣りますが、内容は負けていません。
金田一耕助初心者におススメできる1冊です。

以上、横溝正史を読んだ事がない人におススメの金田一耕助5事件簿!でした。

映画を見て結末を知っているという方も、小説で読むとまた一味違った面白さを発見できますよ。