読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

綾辻行人の作品はこれを読め!厳選6選+番外1選!

【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

綾辻行人さんの作品が好きで結構読んでいます。

そこで、彼の書いた小説を調べてみる事に。

何と29作品、全部読んでいました。

まぁ、著作自体がそんなに多くないから誰でも可能なのですが。

といわけで、綾辻行人の作品はこれを読め!厳選6選+番外1選。をお送りします。

【スポンサード リンク】


・・・・・・・・・・・・・・・

・綾辻行人作品厳選6選

1.十角館の殺人

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

孤島を訪れた大学ミステリ研の学生たちを襲う連続殺人の話です。
動機が弱いという指摘もありますが、動機なんて人それぞれ。
弱いも強いもありません。
そんな事より、本格推理小説の命であるトリックは秀逸なので全然問題ありません。
やはりデビュー作なので1番最初に読んでほしいです。

2.時計館の殺人

時計館の殺人 (講談社文庫)

時計館の殺人 (講談社文庫)

十年前に亡くなった霊が出ると噂の時計館を訪れた9人の男女が襲われる話です。
綾辻行人さんの館シリーズは、現在の所9タイトル発売されています。
その中でも、この時計館の殺人は、ボリューム・トリックの質ともに最高峰の作品。

3.殺人鬼

殺人鬼 (新潮文庫)

殺人鬼 (新潮文庫)

双葉山を訪れた親睦団体「TCメンバーズ」を襲う惨劇の話です。
綾辻版13日の金曜日。
しかし、そこは綾辻行人、単なる惨劇では終わらせません。
あっと驚く仕掛けが施されています。

4.Another

Another

Another

夜見山北中学に転校してきた榊原恒が巻き込まれる学園ホラー。
ホラーなのですが、綾辻さんらしい仕掛けもあります。
アニメ化・マンガ化もされているので、そちらから入るのもありです。

5.緋色の囁き

緋色の囁き (講談社文庫)

緋色の囁き (講談社文庫)

全寮制の女学園で起こる連続殺人の話です。
館シリーズと異なって、妖しい雰囲気の作品となっています。
謎解きよりもその妖しい雰囲気を楽しんで下さい。
囁きシリーズの第1弾です。

6.深泥丘奇談

深泥丘奇談 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

深泥丘奇談 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

怪談話です。
推理小説ではないので、謎は謎のまま。

・綾辻行人作品番外1選

1.月館の殺人

月館の殺人 上  IKKI COMICS

月館の殺人 上 IKKI COMICS

綾辻行人さんが原作のマンガです。
佐々木倫子さんが絵を描いています。
主人公以外は鉄オタという面白い設定となっています。

以上、綾辻行人の作品はこれを読め!厳選6選+番外1選でした。