日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

将棋の事を全く知らない人でも名人気分になれるマンガ7選!

【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

将棋はできますが、できるだけで全く上手くないです。

むしろ下手といっても過言ではない。

ただ、将棋の漫画は好きでよく読みます。

読むとちょっと上手くなった気分に……はなりませんが、面白いです。

そこで、私のおススメの将棋漫画を紹介。

どれも将棋の事を全く知らない方でも楽しめますよ。

・将棋の事を全く知らない人でも楽しめるマンガ

1.聖―天才・羽生が恐れた男

聖―天才・羽生が恐れた男 (1) (ビッグコミックス)

聖―天才・羽生が恐れた男 (1) (ビッグコミックス)

夭逝の天才棋士、村山聖の話。
将棋が好きな方は、知っている方だと思います。
ただ私みたいに、ルールは知っている程度だと知らない人も多いのでは。
私も村山聖さんの事は、このマンガを読むまで知りませんでした。
彼の事を知らなくても十分楽しめるマンガです。

2.ひらけ駒

ひらけ駒!(1) (モーニングKC)

ひらけ駒!(1) (モーニングKC)

将棋好きの少年とその母親の話。
プロ棋士の話ではないので、ほのぼのしています。
神経をすり減らす厳しい指し合いを期待している方には、かなり物足りないかも。
色々ある将棋マンガの中で、1番身近に感じられる内容です。
将棋がやってみたいと思える唯一のマンガかも。

3.月下の棋士

月下の棋士(1) (ビッグコミックス)

月下の棋士(1) (ビッグコミックス)

高知から上京して名人位を目指す氷室将介の話。
私が初めて読んだ将棋マンガです。
「駒が泣いているぜ」などの名セリフ。
対局中の(いい意味での)過剰演出!
独自の世界観に引き込まれる将棋マンガとなっています。

4.ハチワンダイバー

ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックス)

「真剣師」の青年と秋葉原の「女真剣師」との恋の物語?
真剣師とは賭け将棋などで生計を立てている人達の事。
将棋なのに格闘もありと、かなりハチャメチャな内容!
好き嫌いが分かれる作品ですが、1度ハマると抜け出せない面白さがあります。

5.王狩

王狩(1) (イブニングKC)

王狩(1) (イブニングKC)

プロ棋士を目指す少女の話。
主人公は、「見たもの全てを記憶する」という能力を持っています。
読み始めた時は、この能力を使って無双的な強さを発揮すると思っていたのですが。
それだけでは将棋は勝てないんですね。

6.しおんの王

しおんの王(1) (アフタヌーンKC)

しおんの王(1) (アフタヌーンKC)

幼い頃に殺人事件に巻き込まれ声を失った女流棋士の話。
将棋と殺人事件の真相解明という変わった組み合わせのストーリーとなっています。
登場人物の少なさから、犯人は簡単に分かりますよ。
動機が理解できませんが、それは私が○○ではないからだと思います。
自供の時に犯人がそう言っていましたから。

7.3月のライオン

3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)

青春将棋マンガ。
このブログでも何回も紹介していますが、はやり外せません。
主人公の桐山零と川本3姉妹との心の交流の物語がメインなのですが。
将棋の対局シーンも鬼気迫るものがあります。
宗谷名人と土橋九段との名人戦は必見です。

以上、将棋の事を全く知らない人でも名人気分が味わえるマンガ7選でした。

どれも将棋を全く知らなくても楽しめますよ。

関連記事
天才外科医の気分になれる医療マンガ9選+おまけ1選!
相撲を知らない人も横綱気分が味わえる漫画6選+おまけ1選!
サッカーを観戦した事がない人も楽しめる学生サッカー漫画10選!