日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

水曜どうでしょうアフリカ編が大泉エッセイ宣伝番組だった話し!

【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

水曜どうでしょう最新作アフリカ編最終13話を見ました。

いつか面白くなると期待して見続けたのですが……。

最後まで面白くなりませんでした。

まさかの単なる大泉エッセイ宣伝番組で終わるとは、残念。

なぜ「水曜どうでしょう」は、面白くないまま終了してしまったのでしょうか。

改めて、私なりに考えました。

・普通の旅行

出演者の鈴井貴之・大泉洋。

ディレクター陣の藤村忠寿・嬉野雅道。

この4人がやられればやられる程、水曜どうでしょうは面白くなります。

名作といわれる水どう企画では、常にこの4人はやられまくっていました。

深夜バスでの旅では、顔の変わるほどやられ。

ヘリコプターに乗っては大泉洋は吐き!

ヨーロッパ・リベンジでは、精神的に追い詰められ鈴井・大泉・藤村Dと次々と崩壊。

そんな見事なやられっぷりを披露していた彼らですが、今回は誰一人やられない普通の旅番組。

いや、普通の旅番組の方が面白いかもしれません。

ただただ、動物と大泉エッセイを見せられただけの、よくわからない番組でした。

・ハプニングが無い

水曜どうでしょうと言えば、予期せぬハプニング!

原付東日本縦断ラリーの「だるま屋ウィリー事件」

対決列島の「安田顕大リバース事件」

ジャングル・リベンジの「大泉洋トイレ事件」など。

名作と言われる企画には、必ず笑えるハプニングが起こりました。

しかし、今回はそれも無し。

これじゃ、楽しめません。

・まとめ

全13話を使った壮大な大泉エッセイ宣伝番組

今回の水曜どうでしょうの私の率直な感想です。

次回は、原点に戻り面白い企画を期待しています。

またサイコロをやってほしい。

全員有名になったから、難しいかな。

大泉エッセイ ~僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)

大泉エッセイ ~僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)