読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

モー娘。ブームはハロプロ村の話だけどE-girlsより活躍した。

【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

J-CASTニュースで次のような記事を読んだ。

「モー娘。ブーム再来のはずだったのに… ハロプロファン、紅白全滅に落胆と怒り」

内容はこんな感じ。

第64回紅白歌合戦の出場者が2013年11月25日に発表された。「アイドル戦国時代」と呼ばれる現代を表すように、白組、紅組ともにアイドルグループの出場が目立つ。

 そんな中、モーニング娘。をはじめとするハロー!プロジェクトハロプロ)のアイドルは出場ならなかった。13年は特に「モー娘。人気再燃」などと盛り上がっていたこともあり、ファンは落胆し、他のアイドルに怒りをぶつけるような人もいる。

他のアイドルというのは、もちろんAKBグループの事。

今年は、AKB・SKE・NMBと3組も出場する。

地元のNMB48が紅白に出場するのは少し嬉しい反面、確かに3組もいらないとは思う。

だって、3組とも秋元康グループのアイドル。

ファンにとっては違いはあるかもしれないけど、一般の私から見れば正直どれも同じ。

AKBは削る事ができないから、SKEを削ったらよかったのではと思ってしまう。

あるいは、SKEを出場させるのであれば、残念ではあるけれどNMBには出場を見合わせてもらうとか。

ただ、何だかんだで今でも力を持っている秋元アイドル軍団!

NHKも無下には断れないんだろうなぁ。

紅白から長らく遠ざかっていたが、13年は「モー娘。ブーム再来!」と盛り上がった年だ。1月のイベントでメンバーの鞘師里保さんが「今年の目標は紅白」と明言すると、それを後押しするかのように、同月発売のシングル「Help me!! 」が3年8か月ぶりにオリコン週間ランキングで首位を獲得。4月、8月に出したシングルも立て続けに首位に輝いた。…8月は6年ぶりにテレビ朝日系「ミュージックステーション」出演も果たした。

これだけ読むと、確かにモー娘。のブームがきていたのだろう。

ただしあくまで、モー娘。村、あるいはハロプロ村での話しである。

残念ながら世間ではモー娘。ブームは到来していない。

ファンの方には本当に申し訳ないのだが、オリコンで首位を獲得した事も6年ぶりにミュージックステーションに出演した事も、去年のももクロZの盛り上がりに比べたら、やはり地味である。

世間一般が認知するという程ではない。

ただ、ももクロよりモー娘。が劣るという話ではありません。

誤解がないようにお願いします。

あくまで盛り上がりの話なので、ご理解下さい。

ちなみに私の中の知名度ランキングは次のようになっている。

AKB=ももクロZ>SKE>モー娘。>NMB>>E-girls

メンバーの中に何人知っている人がいるかで付けてみた。

これを見ても分かるように、本当に削らなきゃならないのは、E-girlsなんじゃないの?

めちゃイケで岡村隆と絡んだ以外、見たことないぞ。

ってか、唯一の今年の活躍ってそれだけじゃないのか。

本当に彼女たちが紅白に選ばれた理由が分からない。

いやあれか、エイベックスの力か。

秋元康にしろ、エイベックスにしろ強いな~。

つんく♂じゃ太刀打ちできないか。

いずれにしても、モー娘。ファンは、AKBよりもむしろ「E-girlsっが何で選ばれるねん」と激怒すべきではないだろうか。