日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

水越けいことダウン症の息子・麗良の歩み。そしてちょっと夫。

【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

【スポンサード リンク】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

爆報!THEフライデーというTV番組に、水越けいこさんが出演しますね。

ダウン症の息子・麗良(れい)くんとの21年間の歩みを紹介するそうです。

ダウン症という言葉が気になったので、少しだけ調べてみました。

・水越けいこの過去と現在

水越さんの職業は、シンガーソングライター。

自ら作詞作曲をした歌(全て作詞作曲したわけではありませんが)を歌っています。

1978年に「しあわせをありがとう」でデビュー。

その後、「8時の空」というTV番組の歌のお姉さんとして活躍。

現在もシンガーソングライターとして活動中です。

TVの音楽番組で見る事はありませんが、ライブ会場で歌ったり定期的にコンサートを開いたりしています。

また、講演会などで話をする事もあるそうです。

・ダウン症の息子・麗良くんとの歩み

水越けいこさんには息子さんがいらっしゃいます。

名前は、麗良くん。

彼は、ダウン症(ダウン症候群)児です。

通常は46本の染色体を持って生まれる所、47本の染色体を持って生まれた方たち。

その方たちが、ダウン症児と呼ばれる人達です。

ダウン症候群については、Yahoo!ヘルスケアから引用して説明したいと思います。

「ヒトは22対の常染色体と2本の性を決定する染色体、合計46本の染色体をもっています。21番染色体が3本あるために起こる生まれつきの病気をダウン症候群と呼んでいます。」
(Yahoo!ヘルスケアから引用)

次のような症状が現われます。

「筋緊張が弱く、乳児期は体がとても柔らかいのが特徴です。運動の発達も遅れ……。知能指数は30~59に80%が含まれ、社会生活能力指数は60~70が多いとされています(正常児の平均は100です)。」
(Yahoo!ヘルスケアから引用)

Yahoo!ヘルスケアでは病気と説明されていました。

しかし、病気でなく1つの個性とおっしゃる方もいます。

どっちも間違っているわけではなく、立場の問題なのでしょう。

さて、話を水越けいこさんに戻します。

彼女と麗良くんの歩みが書かれている1冊の本があります。

f:id:sarunokinobori:20131205232443j:plain
「神さまレイくんをありがとう~ダウン症の子を持って~」

図書館で発見したので、読んでみました。

初めての赤ちゃんが授かった時の喜び。
その赤ちゃんがダウン症だと知った時の絶望。
療育センターアポロ園での楽しい日々。
麗良くんの入院と退院の事など。

彼が産まれてから5年間の2人の歩みが書かれていました。

あとがきでは、「怒りたい事も憎しみたい事も本当はたくさんあります。」とも。

周囲の全てがダウン症児の事を理解してくれるわけではありません。

その辺りで、苦労なさったみたいですね。

この本を読んで1番印象に残った言葉があります。

それは、水越さんの言葉ではありません。

水越さんに看護師が放った言葉です。

「もし、妊娠中に羊水検査をして、ダウン症とわかったら、あなたは子供を中絶していたの?」
(神さまレイくんをありがとう~ダウン症の子を持って~より引用)

え~、赤ちゃんがダウン症と分かって不安で落ち込んでいる母親にいう言葉!

そんな母親を追い詰める言葉を、仮にも看護師が言うなんて看護師失格じゃないのかな。

無神経な言葉を平気で言う人はいますが……。

21年前の事なのですが、それにしてもダメ看護師ですね。

・ダウン症児を持った親の本音

水越さんが書いた本には、ダウン症と聞かされた時の気持ちが書かれています。

「全身の血がさーっと引いたようになり、私は頭を抱えて下を向いたと思う。……言葉にならない嗚咽となって、そして大きく泣きくずれた。」
(神さまレイくんをありがとう~ダウン症の子を持って~より引用)

医師からダウン症だと告げられた時、このようにショックを受ける親は多いです。

彼女の著書の他に、何冊かダウン症の子供を授かった方が書いた本を読みました。

皆さん、水越さんと同じようにショックを受けられています。

やはり、すぐには「生まれてきてありがとう」という気持ちにはなれないのでしょう。

すごく当たり前の感情だと思います。

また、ダウン症の子供を持った母親の本音を綴っているブログもありました。

ダウン症の我が子を愛せるまで続けるブログ
http://ameblo.jp/mamalevelzero/


神様の不良品  ~ ダウン症児の母親になる ~
http://ameblo.jp/haaya21/

2つのブログは、対極にあるブログです。

どちらが正しいではなく、このように思っている人達もいるんだなと参考になりました。

・水越けいこの夫

タイトル通り、ちょっとだけ触れておきます。

水越さんはミュージシャンの方と結婚、そして離婚されています。

離婚理由は、著書に書かれていました。

ただ昔の事なので、いまさら書く必要もないでしょう。

・水越けいこの近況

彼女はアメブロで、オフィシャルブログを開設しています。

このブログを読めば、彼女の近況はすぐに分かりますよ。

水越けいこオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/keiko-mizukoshi/

私が読んだ時は、クリスマスの飾りをドアに飾っている写真をアップされていました。

・まとめ

彼女の歌声が聞きたくなったので、「Too Far Away」をYOUTUBEで聞きました。

名曲ですね。

まとめになっていませんが、これで終わりたいと思います。