日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

亀田大毅が敗北したのにチャンピオン君臨!王者達の見解は?

【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

【スポンサード リンク】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何だかゴタゴタしている亀田大毅の統一戦。

ゴタゴタ理由は、単純明快。

亀田大毅選手が負けたのにチャンピンのまま王座に君臨しているから。

負けたのに世界チャンピンって何なの、意味がわからん。

そう思ったのですが、国際ボクシング連盟(IBF)のルール上は問題ないらしいです。

「挑戦者が計量で体重超過した場合、勝敗に関係なく王者は王座を保持できる」

今回この規則が、亀田大毅選手の試合では適用されました。

大事な試合なのに、減量を失敗した相手選手のやる気のなさにも何だかなぁ~という気分にさせられましたが。

世間(ネット)の意見は、亀田ファミリー悪ってな感じになってます。

これはいつも通りですね。

それでは、世界王者だった人達の見解はどうなのでしょう。

・世界王者だったボクサーたちの見解

「昨日の亀田の試合見てないけど、IBFの負けてもチャンピオンのままっていうのは、それなら戦う必要ないし、そもそも勝ち負けないならスポーツでもなんでもなくなってるんじゃないかと思う」
(元WBC世界バンタム級・フェザー級の2階級制覇王者・長谷川穂積)

正論ですね。
いっそAKBみたいにじゃんけんで勝敗を決めてもいいのではと思ってしまいます。
ただし、この場合でも亀田大毅が負けても王者のままですが(苦笑)

「試合前のソリスの体重オーバーといい、大毅選手の戦いぶりといい、王者としての矜持(きょうじ)が全く感じられない。……倒されるリスクがあるかもしれないけど、“やるか、やられるか”という覚悟で倒しに行く姿に共感を覚えるんだからね。」
(元WBA世界スーパーフェザー&ライト級王者・畑山隆則)

減量失敗の相手に対して、ダメダメっぷりな戦いしたのですから、これぐらい言われても仕方がないのかも。

殺気立つボクシングの試合のはずなのに、世界一を決定するとは思えないぐらいまったりとしていましたね。

「なぜ試合前にちゃんとした説明をしておかなかったのでしょうか? ボクシングファンの信頼をなくすような事態だと思っています。相手が体重超過で失格した時点でタイトル防衛がルールならば、それを事前に説明しておけば納得もいくと思うんですよ。」
(元WBA世界Sフライ級王者・飯田覚士)

まさしくその通りです。
事前に説明したら、これ程のバッシングはなかったかもしれません。
だって、そんな緊張感のないボクシングの試合なんて呆れて見ないでしょうから

「負けたら王者でなくなるのは当たり前。(IBFが)前日に言ったことをねじ曲げるのも筋が通らない。ルールの管理をしっかりして欲しい。そうでないと、スポーツとして存在意義がなくなる。ケンカ以下です」
(WBC世界フライ級王者・八重樫東)

ケンカ以下とばっさり斬り捨てています。
これが世界戦でなければ、ケンカよりも劣るとは言わなかったのかもしれませんね。
現役王者八重樫選手の言葉だけに重みがあります。

・事前に知っていた亀田陣営

IBFの今回のルールについて、亀田陣営は事前に知っていました。

「その日の夜に確認した。大毅も試合前に知っていた」
(嶋マネジャー)

そりゃ、やる気にない試合になるはずです。
試合の調整をするスパーリングの方が、まだ緊張があったのでは?

亀田大毅選手が勝つと信じて応援していた人もいるはずです。
そのファンの応援も裏切っていたんですね。

・亀田大毅選手の関係者のコメント

まずは、亀田大毅選手の父親・史郎氏のコメント

「世界戦を管理すべきJBCにも問題はある。ルールすら把握していない、怠慢な仕事をしている」
(亀田史郎)

ルールを知っていたのに、なぜ事前に発表しなかったのか?
ここが問題なのではないでしょうか。

「大毅はIBFのベルトを返上するべき、みたいなふうになってるけど、なんで返上せなあかんのかな。負けたら返上せなあかんルールがあるのか。……しっかりルールに則(のっと)って戦った大毅には、何一つ責められる事はない」
(亀田興毅)

確かにルール上は問題ないのかもしれません。
ただ、プロボクサーそれも世界王者としてはどうなのでしょう。
負けた世界王者など誰も認めませんよ。

このままだと、大毅選手が裸の王様になるような気がするのですが。

・まとめ

何だかなぁ~の一言です。

ただ、亀田ファミリーっぽいと言えばぽいのかな。

亀田大毅選手が自主的に王者を返上するかどうか。

明日以降に本人が会見を開くそうなので、楽しみに待っている事にします。