読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々適当

気になる事を適当に書いてます。適当に読んでください。

これを見ないと人生の半分は損をしているアニメ史上3大告白!

【スポンサーリンク】

・・・・・・・・・・・

アニメ史上3大告白といえば?という話題を発見!

面白そうだったので、私もこの企画?に乗っかって選んでみました。

それでは、絶対に見てほしいアニメ史上3大告白を発表したいと思います。

この告白シーンを見ていない方は、人生の半分は損をしている…かも?

あっ、ネタバレもありますので、注意して下さい。

・耳をすませば

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

天沢聖司:「俺、今すぐってわけにはいかないけど、オレと結婚してくれないか?」
(中略)
月島雫:「嬉しい!そうなれたらいいなって思ってた。」
天沢聖司:「そうかぁ!やったぁー!!」
月島雫:「待って・・・、風冷たい。きゃっ!」
天沢聖司:「雫!大好きだ!!」

まず思い浮かべたのが、天沢聖司が秘密の場所で月島雫に告白するシーンです。

リア充の時は、「うんうん」と頷き、ひっそりと嬉し涙。

荒んでる時は、「バルス!」と呟き、ひっそりと悔し涙を流します。

ところで、このシーンにはちょっとウラ話があるのをご存知ですか?

「耳をすませば」の前に、スタジオジブリでは「海がきこえる」という作品を若手が制作しています。

海がきこえる [DVD]

海がきこえる [DVD]

この作品で描かれる男女が、宮崎駿氏は気に入らなかったそうです。

主人公とヒロイン、お互いに好きなんだか好きじゃないんだか。

モヤモヤっとした関係のまま話が進んできます。

それに対する宮崎氏の答えが、「耳をすませば」のラストシーン。

男女の恋愛ってものはこうだ!とジブリの若手に示したわけです。

個人的には、「海がきこえる」っていい作品だと思うんですけどね。

・鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 【完全予約生産限定】 [DVD]

鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 【完全予約生産限定】 [DVD]

エドワード:「等価交換だ。俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ!」
ウィンリィ:「…どうして錬金術師って…。等価交換とかバカじゃないの?」
エドワード:「なんだとおおお!」
ウィンリィ:「ほんとバカね。半分どころか全部あげるわよ…」

エドが旅立つ時に、ウィンリィへの思いを言葉にしたシーン。

ハガレンファンとしては、胸が熱くなりました。

この「俺の人生~」というセリフには、こんなエピソードがあります。

あるハガレン読者がこのセリフをパクって、石神の丘で愛を誓う「プロポーズの言葉コンテスト」に投稿!

何とパクリだと知らなかった選考委員が、最優秀賞に選んだのです。

パクッた輩は馬鹿ですが、最優秀賞に選んだ選考委員は見る目がありますね。

セリフを考え出した原作者の荒川弘氏、恐るべし。

・あの日見た花の名前を僕達は知らない

めんま:「じんたんだいすきです」
めんま:「じんたんへのだいすきは、じんたんのおよめさんになりたいなっていう、そういうだいすきです。」

めんまからじんたんへの最後の手紙です。

あの花は、TV・映画とも見たのですが、このシーンは何度見ても号泣します。

いつ泣くの、今でしょう!ってぐらいの泣きポイント。

このアニメは本当におススメです。

・まとめ

以上、私の絶対に見てほしいアニメ史上3大告白でした。

皆さんは、記憶に残るアニメの告白シーンはありますか?